? セキュリティ監視サービス|ソリューションサービス|【データセンター・IT運用サービスのイーツ】

トップページ > サービス > ソリューションサービス > セキュリティ監視サービス

ソリューションサービス
セキュリティ監視サービス

LACイーツは株式会社ラックと協業して高度なセキュリティ監視サービスをご提案します。


マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

「マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」は、ラックのセキュリティ監視センターJSOC(Japan Security Operation Center)が、セキュリティ機器を24時間365日体制で監視・運用管理し、お客様ネットワークへの不正な通信などを検知・防御するサービスです。

UTM24+

UTM24+は、セキュリティアナリストのノウハウを自動化し必要最低限の運用管理に絞り込んだパッケージサービスです。ファイアウォールによるアクセス制御と、IPSによるリアルタイム不正アクセス防御の運用管理をきめ細やかに代行します。

マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

3つの特長

1. 24時間365日稼動。トップ・セキュリティアナリストの存在

セキュリティ分析システムやその他様々な情報を駆使して、24時間365日休むことなく、セキュリティのプロフェッショナルがお客様のシステムを監視・分析しています。攻撃内容を詳細に分析し、お客様へ的確なアドバイスを行います。お客様は24時間いつでもセキュリティアナリストにコンタクトすることができます。

2. JSOCを支える確かな情報源~CSL/DBSL

JSOCの情報源は複数ありますが、その重要な柱が「CSL(Computer Security Laboratory:コンピュータセキュリティ研究所)」と「DBSL(Database Security Laboratory:データベースセキュリティ研究所)」という2つの研究機関です。CSLとDBSLは純然たる研究組織で、日々、幅広く情報を収集し、分析・検証を行っています。その成果は脆弱性の発見、報告やハニーポットに関するレポートなど多数あり、講演やセミナーで紹介しています。

3. 独自シグネチャ(JSIG)による運用

IDS/IPSは通常メーカーから提供される標準のシグネチャで運用します。しかし、それだけでは検知できない攻撃が存在したり、お客様の環境固有の問題点には対応できません。JSOCでは独自にシグネチャ(JSIG)を作成することでこういった問題に対応しています。この独自シグネチャ(JSIG)によって、SQLインジェクションやボットなどの脅威に対しても、いち早く対応することができます。

マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

・通常では「見えない」異変を「見える化」するリアルタイムログ分析
・ゲートウェイレベルでのセキュリティ対策をすべてお任せ
・勘所を押さえた確かなセキュリティ関連情報の提供
・セキュリティ関連コストを目に見える形で削減


UTM24+サービス特長

UTM製品(FW・IPS)による包括的なセキュリティ対策&運用管理
FWの運用管理に加え、製品機能であるIPSの運用管理も実施。 ゲートウェイレベルでのセキュリティ対策がこの1サービスで包括的に実施可能。 さらにお客様のご要望に応じて柔軟なサービスメニューで対応可能です。

「運用管理」に加え「セキュリティ監視」「セキュリティ情報提供」サービス

FW/IPSの運用管理に加え、FW/IPSログをリアルタイム分析によるセキュリティ監視を実施いたします。
さらに豊富な実績に基づいたセキュリティ情報をご提供いたします。

コストパフォーマンスが高いサービス

「FW/IPS運用管理+FW/IPSセキュリティ監視+情報提供」すべて含めて、もちろん各サービスパターンにおいてもハイコストパフォーマンスでご提供いたします。

プライベートクラウドのご紹介

ネットワークコンサルティング

移設コンサルティング

取得代行サービス(ドメイン・SSL)

セキュリティ監視サービス

SaaS型WAFサービス

CDNサービス

gredセキュリティサービス